聞こえとコミュニケーションについて

イメージまず始めに<見えない・聞こえない・話せない>の三重苦を見事に克服し、社会福祉に貢献したへレン・ケラー女史の有名な言葉をご紹介致します。

『もし神様が、私の三つの苦しみの中から一つだけ取り去って下さるとしたら、私は迷わずに聞こえないことによる苦しみを真っ先に取り去ってくださるように神様にお願いするでしょう』

この言葉から「聞こえ」を失ったということが、いかに深刻なことか、つまり「聞こえ」を通した言葉によるコミュニケーションが、いかに大切なものかを物語っていると言えるのではないでしょうか。もしあなた自身が聞こえや言葉の障害があったとしたらどうでしょうか想像してみて下さい。普段当たり前のように過ごしていたことが、とても大切だという事がわかるかもしれません。

朝、目覚ましの音が聞こえませんし、電話のベルが鳴っていても聞こえません、玄関に来訪者があってもわかりません。外に出れば車の音もわかりませんし、後ろから警笛を鳴らされても気付かず非常に危険です。人と話をしようにも相手の言っていることが聞こえませんし、自分の言いたいことを伝えたくても話せなければ相手に伝えることは大変です。人と意思疎通ができにくいということや社会音が聞こえないという事は、心に大きな不安をもたらしパニックになりかねないと言う事が少しでも想像してもらえたら幸いです。

私たちは、生まれたその時から、回りの音を聞き、母親の言葉を聞き、それらの音や言葉を学習していきます。まず耳で聞くことにより言葉を覚え、周りのことを理解していきます。そして更に文字言語を獲得し、知識や教養を培っていきます。もし生まれながらに難聴であったり、言語習得前に難聴になったりすると、言葉の学習が困難になり、その後の知識の習得に影響を及ぼし、更に情緒的、社会的な発達や性格形成にまで影響を与えることがあります。ですから乳児期の難聴では、出来るだけ早期に発見をし、適切な処置を取ってあげなければなりません。また、大きくなってからでも、頭部の外傷や感染症など様々な要因で難聴を引き起こすことはありますし、だれでも年を重ねてくると程度の差あれ聞こえずらくなる事があるかと思います。

コミュニケーションの方法は、一つではありません。“言葉”を補う文字やジェスチャー、表情、ぬくもり、感触など人の心に触れる方法は、たくさんあるのです。“聞こえない”ということも特別扱いするのではなく、“聞こえない”ことで体や心身に不自由があるのならば、医学で治療できるものには治療する事により快適に近づけるかもしれないし、医学では残念ながら治療できないものでも、補聴器によって少しでも快適に近づけるかもしれません。補聴器が有効でない場合でも、少しの思いやりと言葉を補うコミュニケーション方法や生活を少しでも便利にする道具を(例:来客があった際に光でお知らせするランプなど)使用する事によって少しでも快適になることはあると思われます。

たとえ障害があっても、その人らしく生活すること、心のある言葉て゛、心のこもったコミュニケーション手段で人と人とがつながっていけたら良いですね。自分の伝えたいことを伝えられるということ、相手の言いたいことを聞くことができるということは、当たり前のようでとても大切だと言うことを少しでもおわかりいただけたらと思います。
 


〒062-0934
札幌市豊平区平岸4条14丁目2番3号
池上ビル2 地下鉄南平岸駅前
TEL:011-815-3387
FAX:011-815-8707


月・水・金
10:00〜13:00、15:00〜19:00
10:00〜13:00、15:00〜17:00
※毎週火曜日午後の診療は予約診療となっております。
(但し、新患・急患の方は診療いたします。)
9:00〜11:30、13:00〜15:00
休診日
毎週木・日曜日及び祝祭日

コピーライト