根本耳鼻咽喉科クリニック


 

急性中耳炎は鼓膜の内側に風邪のバイキンが入り込み、炎症が生じる病気で、急激な耳痛が特徴です。多くの場合、鼻水や喉痛、咳などの後に続いて出現する風邪の症状の1つと考えていいでしょう。耳管という中耳と鼻をつなぐ管を通って、バイキンが侵入してきます。鼓膜の外側からバイキンが入る事は極めて稀で、お風呂やプールで水が入っても、これが直接の原因で中耳炎になる事はありません。主にお子さんがかかりやすい病気ですので、突然、子供さんが耳を痛がりだしたら家族としては慌ててしまうと思いますが、誰でも一生に1、2度はかかる一般的な病気ですので慌てないで対処しましょう。自宅で出来る応急処置としましては、耳の周囲を氷嚢で冷やす事。また、市販のバッファリンや、内科、小児科などで解熱剤として頂いている座薬などは、熱を下げる作用の他に痛みを和らげる効果がありますので、熱がなくても耳を痛がっていたら使用してみて下さい。もし、夜中に耳痛が発生しても、慌てずにこのような処置で痛みを和らげ、翌朝耳鼻科へ受診していただいてもけっこうです。翌日、痛みが無くなったとしても、一度耳鼻科を受診されたほうが良いでしょう。急性中耳炎は治療しないと、鼓膜の内側に液体が貯留してしまう状態になる滲出性中耳炎という痛みを伴わない別の中耳炎に移行してしまう場合がありますので、注意が必要です。また、中耳炎は風邪の症状のひとつなので、鼻や喉の炎症なども平行して治療していくことが大切です。

コピーライト