根本耳鼻咽喉科クリニック


  

  札幌の花粉症について
花粉症は地域によって原因花粉が異なります。本州ではスギ花粉症が有名ですが、北海道にはほとんどスギが無いためスギ花粉症はありません。ただ、スギはなくともシラカバ花粉症に注意が必要です。 札幌ではシラカバの木は街路樹に大変多く雑木林にも多く生育しています。さらにシラカバの親戚でカバノキ科属の「ハンノキ」という樹木がシラカバほど多くはありませんがシラカバより一月早く、雪解けのころから花粉を飛ばします。しかし誰もが等しく花粉症になるわけではありません。また、花粉症の人はすべての花粉に反応するわけでもありません。症状の重さ軽さもあります。大体人口の1,2割が花粉症を持っているようです。おおむね大人に多い疾患です。30歳過ぎると出てきます。毎年少しずつ花粉に暴露され、ある時期限界を越えて症状が発症します。女性にやや多い傾向があります。花粉症の中には、カモガヤとヨモギという原っぱに生えてる雑草が原因となるこものもありますが、その場合は男の子にやや多い影響があります。これはおそらく原っぱで遊ぶ事が多く、より花粉に接する機会が多いためでしょう。りんご農家では、りんご花粉症がありますし(これは職業病ですね)なし花粉症なども報告されています。

ハンノキ花粉症 (カバノキ科族 3月下旬〜4月下旬)
春一番に出現する花粉症です。ちょうど道外でスギ花粉症が出現する時期に飛び始めます。
スギ花粉症と勘違いしている患者さんがいますが、これは北海道と道外の一部の地域(神戸の六甲山山麓など)で見られる花粉症です。

ハンノキ
ハンノキの雄花
 
1 2 3 4


コピーライト