根本耳鼻咽喉科クリニック


ヨモギ花粉症  (キク科 8月中旬〜10月頃)
真夏の一番暑い頃は花粉症は一休み。秋風の吹くお盆過ぎから、そろそろ秋の花粉症の季節に入ります。ヨモギも原っぱに生えています。目立たないけど貧弱な花が咲きます。(ヨモギ餅を食べても出ませんからご心配なく)これまであまり多くなかった、ブタクサやアワダチソウによる花粉症も最近見られるようになってきました。

エゾヨモギ
アワダチソウ

☆果実アレルギー (OAS:口腔内アレルギー症候群について)
花粉症に関連して最近にわかに注目を浴びてきた現象があります。特定の果物や野菜を摂取した数分後に、唇、口の中やのどが痒くなったり、腫れたりする場合があります。重症になると、のどの腫れによって呼吸が出来なくなったり、全身的なショック(アナフィラキシーショック)を招くこともあります。これを果実アレルギー(口腔内果肉症)といいます。カバノキ属花粉症(主にシラカバ花粉症)の約半数が果実アレルギーを合併することから、花粉症との関連が指摘されていましたが、最近の研究で「花粉症と関係のあるOAS」と「花粉症と関係のないOAS」が存在することが判明してきました。花粉症と関係のあるOASは下記のように、カバノキ属、イネ科、ブタクサ属花粉が挙げられます。



1  2  3  4  



コピーライト