はじめに

当クリニックは、平成6年4月に開院いたしました。最前線で高品位の医療を提供することをモットーに診療いたしております。患者さん一人ひとりが安心を得られるコミュ二ケーションを心がけ、納得のゆく医療情報を提供することに努めています。この方針を実践するために検査設備を十分に整え、スタッフについても看護師、検査技師、言語聴覚士を配置いたしております。

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、何らかの原因で言語障害や難聴、失語、言語発達遅滞など言語聴覚の障害を持つ人に対して専門的な訓練・指導を行い、機能回復や障害の軽減を図る専門職の国家資格です。

耳鼻咽喉科の
診療範囲

耳科領域

主な疾患

  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 難聴
  • めまい
  • 顔面神経麻痺
鼻科領域

主な疾患

  • 副鼻腔炎
  • 鼻出血
  • 鼻骨骨折等
  • 嗅覚障害
  • アレルギー性鼻炎
口腔咽頭領域

主な疾患

  • 扁桃炎
  • 咽頭炎
  • アデノイド
  • 唾石
  • 味覚障害
  • 口内炎
喉頭、気管、食道領域

主な疾患

  • 喉頭炎
  • 喉頭腫瘍
  • 声帯ポリープ
  • 咽喉頭異物
  • 喉頭アレルギー
喉頭、気管、食道領域

主な疾患

  • 甲状腺疾患
  • 頚部腫瘍

風邪の専門医は
耳鼻咽喉科医

風邪にかかったら耳鼻咽喉科へ

風邪を罹った時、一般に内科や小児科を受診される方が多いようですが、上気道の炎症が主体をなし、合併症も耳や鼻、のどに関することが多いので本来は耳鼻咽喉科が風邪の専門医と言えます。耳鼻咽喉科の利点は、ファイバースコープなどを利用して直接病気の場所を観察し、病気の程度と広がりを把握できることにあります。投薬(注射)だけでなく、ネブライザー(吸入器)などで直接鼻やのどの患部を治療し、不快な症状をできるだけ速やかに取り除きます。呼吸器内科や小児科、高次病院との緊密な連携をとっていますので万全のバックアップを準備しながら診療しております。

新型コロナウィルス感染症対策について

当院では新型コロナウィルス感染症による
体調不良が疑われる方への診療対応ができません。

日本耳鼻咽喉科学会・日本臨床耳鼻咽喉科医会・日本環境感染学会の指導に従って万全の感染対策をしています

  • スタッフは、マスクを着用しております
  • 院内の物品は、定時的にアルコール消毒しております。
  • 待合室は、定時的に換気を行っております。
  • 診察室及び待合室には、空気清浄機を設置しております。
  • せき、発熱など感染の疑いのある患者さんは、別室で診療を行っております。
感染症対策実施医療機関
当院では新型コロナウィルス感染症に対する感染予防対策に取り組んでいます

熱発、咳の患者さんへのお願い

当院の受診歴のない方

ご本人から「救急安心センターさっぽろ(#7119)」に連絡いただき、ご相談の上、指示に従ってください。特に高齢者・糖尿病・心不全・呼吸器疾患・透析患者・免疫抑制剤等の服用中の方は、重症化のリスクが高くなります。事前に相談を受けてください。

救急安心センターさっぽろ

011-272-7119

011-272-7119

(#7119)

当院の受診歴がある方

以前に熱発や咳による受診歴がある方も、熱発・咳にて受診を希望される際は、まず電話で当院に連絡してください。味覚嗅覚障害も同様です。

根本耳鼻咽喉科クリニック

011-815-3387

011-815-3387

患者さんへのお願い

  • 当院ではPCR検査は行っておりません。
  • 入館時には入口に設置してあるアルコール消毒をお願いします。
  • 待合室にてお待ちの際には、間隔をあけてお座りください。
  • 咳エチケットを励行してください。
  • 来院時は、なるべくマスクを着用してください。
  • 院外(車内等)でお待ちいただくことを希望される場合は、受付にお申し出ください(呼び出しの対応可)

室内換気を実施しています。防寒対策にご留意ください。